石川が開幕ピンチ?

開幕ローテに暗雲が

メンバー選び | 吉井理人オフィシャルブログ Powered by Ameba (ameblo.jp)

吉井コーチが自身のブログで石川が開幕に間に合わない可能性に言及しました。
石川は2日のオリックス戦で登板予定でしたが脚部不安のため登板を回避しました。
症状の程度は不明ですが無理をさせない方針とのことです。
確かに長期離脱される方が困りますが、それでも開幕に石川がいないのは痛いです。

先発ローテは美馬石川二木小島岩下が当確で6枠目をその他選手たちが争っているという構図でしたので、石川が離脱となると先発が2枠空くことになります。
まず有力候補は中村稔弥。
昨年も一時期先発ローテで回っていましたし、一番計算できる候補だと思います。
ただ結局昨年もチェン・ウェインの加入で先発ローテから外れたのは中村稔弥ですし、まだ先発投手としての信頼を勝ち得ていないような気がします。
ここまでの練習試合、オープン戦もそこまで大きな成長の跡は見られません。
それでも経験と実績を買われて開幕ローテ入りは十分あると思います。

そしてドラ1ルーキーの鈴木も有力。
力強いストレートが武器で、25日のホークスとの練習試合で好投を見せました。
今後は2軍で長いイニングを投げてから再度1軍で登板といった予定だったとも思いますので首脳陣も結果によっては先発ローテ入りを期待しているのでしょう。
石川不安説が出る前から先発6枠目は鈴木だと思っていましたので、これでもっと可能性は上がった思います。

その他の候補はまず有吉。
大崩れはしないタイプだとは思いますが、6回3失点に抑えられる実力が今あるかと聞かれるとちょっと疑問。
大嶺もトミージョン手術からの完全復活を目指していますが、練習試合では結果が出ていません。
佐々木千隼も面白いとは思いますが現状は中継ぎで短いイニングでの起用しかしていませんのでちゃんと先発できるかどうか。
どの候補も上記2人よりも可能性は低い気がします。

リリーフ陣にも影響が

毎試合長いイニングを投げてくれる石川が離脱となると、リリーフ陣にも影響が出ます。
吉井コーチは勝ちパターンの投手以外では2イニングを投げれる投手を優先で入れるとのこと。
ベンチ入りのリリーフは8人くらいだとして抑えの益田、勝ちパターンはハーマン唐川小野は濃厚です。
左右のワンポイント的に経験ある東條松永は欲しい所ですが、ロングリリーフができる投手優先となるとどうでしょうか。

とりあえずビハインド、ロングリリーフ枠は2~3人程度ですかね。
順当に選んでいけば練習試合で結果を出しているフローレス、佐々木千隼がまず候補かなと。
そしてルーキーの河村も一度イニング跨ぎをしてますし、大学時代も先発投手でしたので問題ないでしょう。
復活を期す田中や好投を続ける3年目の土居あたりはちょっとタイプとしてはズレると思います。
有吉とかも適任だと思いますが、有吉は先発投手に何かあった際のバックアップになる気がしますね。

まだまだ開幕1軍争いが続きますが、石川がいるかいないかでガラッと変わります。
まずは石川が軽症であることを祈りつつ、もしダメだった際はどのような投手起用を見せてくれるのか。
吉井コーチの手腕に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA