それでも安田を我慢して見守りたい

4番山口がまた打った

今日からオープン戦がスタートです。
荻野や角中が合流し早速スタメンで起用されました。
そんな中でも4番に座ったのは山口。
2本のツーベースを放つなど今日もアピールしました。
田嶋から打ったのはあわやホームランという打球で、確かにコースは甘かったすがそれでもあそこまで飛ばすのですから大したものです。
2本目は外角のボールを逆らわず右中間に運び一時勝ち越しのタイムリーヒット。
2本とも非常にいい当たりですし、しっかり左投手から打っているのも高評価です。
まだ戦力としては早いかなと思っていましたが、ここにきての成長力に驚かされます。

一方の前4番の安田は今日もノーヒット、対左投手で2三振といいところなし。
今日はタイミングが全然合っていませんでしたね。
結果が出ていないことを過度に気にしているのか、本人の性格的にも一度悩みだすと泥沼にはまるタイプなのでしょう。
それでも安田に関しては辛抱強く起用するべきだと思いますし、それだけの価値がある選手だと思います。
井口監督も我慢して使うと思いますし、どこかで復調の兆しを掴んで欲しいです。

ルーキー小川が2打数2安打2盗塁と躍動。
プロの世界に慣れてきたのかやっと本領発揮でこれでショートのレギュラー争いが面白くなってきました。
さすがに和田ほどのスピードはないでしょうが少なくとも藤岡と比べると脚力はありそうです。
打撃でも長打は望めませんがミート力はありそうで比較対象が藤岡なら十分やれるでしょう。
藤岡の危機感を煽る意味でもスタメン起用を見てみたいですね。

先発ローテ争いから後退か

先発は先発ローテを争う中村稔弥。
2回にタイムリーと2ランホームランを浴び3失点、その後は無失点に抑えましたが4回3失点とアピールには失敗でしょう。
やはり中村は細かいコントロール、特にストレートのコントロールがアバウトなのがネックだと思います。
変化球はいいものがあるのですが、それを活かすだけのストレートがありません。
先発ローテの最後の枠を任せたいなと思うだけの投球を今年はまだ見せてくれていませんので次回の登板でどうなっているかですね。

2番手で益田が今季初登板。
ヒット1本打たれましたがしっかり無失点で抑えました。
今日見る限りは勤続疲労の影響はなさそうですし、益田しかクローザーは任せられませんね。

8回の佐々木千隼は今日は危なげない投球でした。
ストレートのスピードがもう少し欲しいですが、それでも今日の投球を見るといい場面で投げさせてほしいという気持ちにさせてくれます。
とりあえず今シーズンは登板は主力選手が交代した後の8、9回くらいが多く、一線級の打者との対戦が少ないように思いますのでまずはそのあたりをチェックしてみたいです。

最後に投げたルーキーの河村は今日も無失点。
やはりあの角度のある投球は相当打ちにくそうですね。
ストライク先行で大崩れするタイプには見えませんし、これも相手の主力級との対戦を見てみたいです。

結局今日の試合は6-6の引き分け。
ただ山口や小川など去年いなかった戦力たちの活躍が見られ、1軍争いも面白くなってきたなと思います。
そんな中いまだ不調から脱せずにいる安田ですが、自分を信じてここから這い上がって欲しいです。
やはりマリーンズの将来のためには安田の成長が欠かせないと思いますし、這い上がるだけの力はあると思います。
山口が4番に座って以降絶好調なのに対し、安田自身は結果が出ていないので目立ちますが、私は我慢して安田のことを見守ります。

佐々木朗希がついに登板?

ロッテ佐々木朗希12日登板を首脳示唆「マリンで」 – プロ野球 : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

今日1軍に合流した佐々木朗希。
ブルペンでの投球を吉井コーチがチェックし、来週の12日か13日での登板が有力視されています。
最近の投球の映像は観られていませんので、どんな投球を見せてくれるか楽しみです。
まあ開幕には間に合いませんし今シーズンの投手陣なら十分戦えそうですし、相変わらず佐々木朗希に関しては気長に待ちたいと思います。
結局登板回避なんてオチもあるかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA