先発ローテ入りがみえた

ドラ1鈴木が本領発揮

ホークスとの練習試合2戦目。
雨降る中での試合で結果的には0-0の引き分けと両チームともバットが湿っていました。
そんな中でいいアピールをしたのは先発の鈴木です。

前述した通り悪天候の中ですが半袖姿でマウンドに上がると、最速149キロの力のあるストレートを軸にピッチングを組み立て3回投げて無失点。
被安打1ですがその1本もボテボテの内野安打だったので、ホークス打線をほぼ完ぺきに抑えました。
まだストレートが甘いコースに入る場面が多く打ち損じてもらった感も否めないですが、それでも前回登板とは別人のような投球です。
そして個人的に評価が高いのはストレートとスライダーの組み合わせだけで抑えられたこと。
他の変化球を使えなかったのか使わなかったのかは定かではないですが、結果として同じリーグの相手に球種を隠して3回無失点なら上出来じゃないかと思います。
今日の起用の仕方だと首脳陣も先発候補として考えているようですし、これなら先発ローテ入りも考えていいと思います。
セットポジションからの投球が全盛の時代において絶滅危惧種のようなワインドアップの投球ホームが余計応援したくなります。

8回に登板した河村もまた無失点。
やはりあの角度のあるストレートは武器ですね。
140キロ前後のストレートですが球速以上に打ちづらそうです。
2三振を奪ったフォークもいい変化をしていますし、曲がりの大きなカーブもいいアクセントになっています。
ルーキー投手2人そろっての開幕1軍は十分ありそうです。

打つ方はさっぱり

打線は散発3安打で無得点。
試合展開もありますし相手投手もよかったのでしょうがそれでも寂しい限りです。
そろそろ石垣島で調整中のベテラン選手たちの合流も迫っていますし、当落線上の選手にとっては生き残りレースはもう終盤戦です。
特に外野手はどの選手がどれくらい評価されているのかさっぱりわかりません。
岡をはじめ結果を残しているのは中堅どころの選手たちなので藤原ですら成績を残さなければ1軍に残れないと思います。
おそらく今週末の試合が終われば大幅な選手の入れ替えがあるはずなのでどうなるか楽しみにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です