ルーキー3選手の先週の練習試合を振り返る

たった4試合だけですけどいま1軍に帯同している大卒ルーキーの3選手について、先週行われた練習試合を振り返りたいと思います。

長身右腕の河村の好投が光る

ルーキー3人で一番良かった選手はドラフト4位の河村だと思います。
2試合登板し3イニングを投げて無失点、打たれたヒットは1安打のみと好投を見せています。
長身から投げ下ろすボールには角度があり、決め球のフォークボール、カウントを稼ぐカットボールやカーブなどどれも有効に使えていると思います。
制球力もよさそうで自ら崩れるタイプには見えないのも好印象です。

気になった点は長身選手ならではですがクイックが遅いこと。
そして現状ではストレートの球速が140キロ前後しか出ておらず、これから一線級の打者が出てきて時に通用するかはまだ未知数な点。
それでも結果をしっかり残していますし現状では期待値のほうが上回っておりケチをつけるほどではないと思います。
井口監督のコメントからも期待している様子が伺えますし、開幕1軍を考えてみたい選手であります。

鈴木はポテンシャルの高さこそ感じるが…

ドラ1の鈴木は河村と比較すると苦しんでいる印象です。
もともと細かいコントロールで勝負するタイプではなく強いボールをどんどん投げ込むタイプだと思いますので、まだ寒いこの時期はエンジンがかからないのかもしれませんが、それでの20日の試合でも2回投げて3失点とやや不安定な面を見せました。
それでもストレートはこの時期で145キロ前後出ていますしドラフト1位で指名されるだけのポテンシャルは感じます。

起用する側も先発投手として育成するのかリリーフとして育成するのか決めかねているように感じます。
個人的には先発としては球数が多そうなタイプに思えますし、力で勝負できる投手なのでどちらかとリリーフの方が合っていそうな気がします。
イーグルスの松井みたいなイメージですかね。
とにかく力勝負できる左投手はマリーンズにはいないので、開幕まで根気強く起用してもらいたいものです。

小川は要改善

ドラフト3位の小川は悪い方で目立ってしまっています。
まず評価が高かったはずの守備でエラーを連発しています。
ルーキー独特の緊張感からなのか、土のグラウンドに苦手にしているのかわかりませんが比較的イージーな打球処理もミスしています。
内野ノックの映像だと軽いフットワークで軽快な守備を見せていますので、時間がたてば解決する問題だとは思いますが…。
小川は守備が水準以上にこなせてやっとレギュラー争いに加われると思いますので改善が必要でしょう。

打撃ではボールとのコンタクトは悪くないと思います。
あとは早いストレートに振り負けないかどうかですね。
エチェバリアの合流の見通しが立たない状況であり藤岡とのレギュラー争いを期待したのですが現状のパフォーマンスだと正直これでは争いにはなりません。
ルーキーということでさすがにもう少しチャンスを与えられるとは思いますし、練習試合のミスなんて気にせずこれから挽回していけばいいので切り替えてプレーしてほしいです。

期待を込めてちょっと厳しくなりましたが、あくまで現状での評価ですしこれからの結果次第では大きく評価が変わります。
明日からの宮崎遠征、3人の活躍に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です