これが見たかった、待望の安田の一発

やっと1本目

横浜DeNAベイスターズとの練習試合2戦目。
ついに佐藤がスタメンマスクから外れキャッチャーは柿沼が起用されました。
ファーストには菅野が入り、山口はDHでの出場。
徐々にチーム内での状況、立場が変わってきたことが伺えます。

そんな中4番に座り続ける安田ですが、やっといい結果が出ました。
1打席目は強い当たりのセンター前ヒット。
そして2打席目は甘く入ったスライダーをとらえ右中間に飛びこむホームラン。
思った以上に飛距離も出ておりとりあえずキャンプの成果が一つ現れたかなと思います。
今日はこの2打席だけ。
まだちょっと結果が出ただけなのでもう少し打席立ってもいいのではとは思いましたが、監督の中で信頼感が上がってきたともとれます。
とにかく継続しないと意味がないので次戦以降も期待です。

藤原は1安打放ちましたが今日は何と言っても守備。
3回にセンター後方の大飛球を落下地点に一直線に入りナイスキャッチ、往年の岡田を思わせるプレーでした。
送球面にやや不安がありますが、確かにあれを見たらセンターで起用したくなります。

福田光の9回のタイムリーはよかったと思います。
早めに追い込まれながらも粘って反対方向への一打で勝ち越しました。
1戦目は全然でしたがその後は少ないチャンスではありますが結果が出てきていますので生き残りをかけてのアピールが続きます。

山口、小川、佐藤は正念場

山口は昨日は9番、今日は8番と石垣島でのいい雰囲気はどこへやら。
これでは4番起用どころかスタメン確保すら危うい現状です。
今日の1打席も結果的には2点タイムリーになりましたが、パリーグのショートにあれがセンター前に抜ける選手はいないと思います。
その後の打席も四球は選べていますが無安打。
さすがに徐々に差が出始めているのでしょうか。

ルーキーの小川はさすがに守備のミスが目立ちますね。
今日もエラーが失点に絡むなど自慢の守備が足を引っ張っています。
慣れるまで時間が必要かもしれませんが大卒ルーキーですのでそんなに悠長には構えていられません。

キャッチャーは柿沼の守備は安定感がありますね。
低めの変化球への対応やスローイングなど、その後出てきた佐藤と比べると一目瞭然です。
逆に佐藤は今日もボールを後ろにそらす場面が見られます。
キャッチャーとしては柿沼には及ばず、打撃も吉田の方が期待値が高い現状です。
ポテンシャルが高いのはわかりますが、このままでは1軍残留は厳しくなります。

投手陣はパッとしない

先発は有吉で3回無失点でしたが内容はどうでしょうか。
もともとすごいボールを投げるわけではなく打たせて取るタイプですが、今日は甘いボールも多く見られどちらかというと相手の打ち損じでアウトになった印象です。
1軍での起用を想定するならもっと制球力が必要でしょう。

大嶺も3回投げて2失点とイマイチ。
山本、東妻も前2試合と比べて大きな変化はないように感じます。
原も無失点ですがピンチを作りましたし、全体的に今日の投手陣はピリッとしない印象です。
特に東妻は今後は小野、東條、唐川といったところが1軍で投げ始めますので、勝ちパターン入りに名乗りを上げるには今しかアピールチャンスがありません。
投手も野手も今後は主力級がどんどん試合に出始めます。
開幕はまだ先のように感じますが、今試合に出ている若手の多くにとっては開幕1軍争いはもう残り僅かでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA