松中塾の成果は如何に

対外試合の初戦は

雨で開始時間が1時間遅れでのプレイボールとなった今季対外試合初戦のイーグルス戦。
先発はローテ入りを狙う中村稔弥、スタメンには強化指定選手とされていてキャンプで松中コーチによって熱心に指導されていた藤原、安田、山口らが名を連ねました。

結果から言うと3−8で敗戦。
序盤から点差をつけられる一方的な展開になってしまいました。
まあこの時期なので結果は置いといて、内容について振り返りたいと思います。




投手陣は明暗分かれる

まず投手陣を振り返ります。
投手陣は中村稔→石崎→山本→東妻→成田→南の投手リレー。
まず先発の中村稔弥は2回を投げて無安打無失点のピッチングでした。
中村に関しては比較的制球もまとまっており、1軍で先発ローテを争う選手らしい投球だったと思います。
2番手の石崎は2回3失点、相変わらず制球難でストレートしかストライクゾーンにいきません。今日は球速表示がなかったのですが出て140キロ中盤くらいだったと思いますのでいくらこの時期とはいえ打たれますね。
3番手の山本はエラー絡みとはいえ1回投げて被安打3で3失点。
ボールの質や制球力はまずまずだったと思いますが、対左の中継ぎ起用が想定されるのに左打者に2本打たれたのが気になりますね。




4番手の東妻も生命線のストレートが甘く入り痛打されました。
ただ打たれたボール以外はまあまあ良かったかなと思います。
特に小郷から奪った三振は評価していいと思います。
5番手の成田はこのキャンプから再び腕の位置を下げるフォームに変更。
ただボール先行で左打者に対して四球を出す場面もありました。
このタイプの投手だと好きな時に変化球でストライクが取れないと厳しいですから変化球の精度を上げることが必要でしょう。
最後に出てきた南はもうベテランなので安定していますね。
まあ大差のゲーム展開で楽なマウンドになり過度な評価はできないといったとこでしょうか。

投手陣では先発の中村と最後に出てきた南は実力通り、東妻もまあまあ良かったかなといったところですかね。
石崎、山本、成田は今日の投球だと1軍では厳しいかなといった印象です。




バッティングは気長に待つしか

野手陣はまず打撃面ではチーム全体で7安打で得点は8回の岡のタイムリーでの3点のみでした。
チャンス自体は何度かありましたが相変わらずのタイムリー欠乏症です。
強化指定選手の安田、藤原、山口は仲良く1安打ずつ。3人とも共通して思い切りよくスイングできていたと思いますので良しとしましょう。
髙部は2安打と結果を残しました。2軍ではもう十分結果を残しているのであとは1軍レベルの投手相手にどうかだと思います。
チャンスで結果を出した岡ですが右打ちの野手が少なくなってしまったチーム事情を踏まえ、今年は代打で起用できるくらいの打撃を見せて欲しいです。

よく見えなかったのはまず藤岡。
そもそも仮にも去年のショートのレギュラーがこの時期の練習試合で8番を打つようではダメだと思います。
この試合では攻守ともに精細を欠きもう少し危機感を持って欲しいです。
福田光のチャンスでのスイングを一度もせずの見逃し三振も言語道断。
去年の今頃の勢いはどこへ行ってしまったのでしょうか。

まあ今日だけでは松中コーチの指導の是非を判断することなどできません。
気長に打線の状態が上向いていくことを待ちましょう。




守備で脚を引っ張る

守備面はちょっとバタバタしていましたね。
グランド状況が悪かったとはいえファンブル、フライ落球、悪送球など…
内外野ともにミスが目立ちそれが失点に絡んでしまったので改善が必要です。

注目していた佐藤のキャッチャーとしての守備ですが、低めの変化球を弾いていたり盗塁を許した場面もスローイング動作が遅かったりと田村と比較するとまだ差があるかなと思います。
守備に気を取られてか得意の打撃もイマイチに見えました。

ルーキーの小川は1打席のみで守備機会も少なく評価はできません。
ただ今日の藤岡を見るとチャンスをもっとあげてもいいのではと思います。

ということで今日の試合は完敗で課題が残る敗戦でした。
まあこの時期なので課題が出ることはいいことと強がることもできますが、1軍の枠を争う選手たちなのでそんな悠長なことを言っている場合でもないとお思います。
まあ今日が実戦1試合目だったので明日はもっと良くなることを期待しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA