ついに動いた澤村のMLB移籍

澤村はレッドソックスか

澤村拓一、レッドソックスとの入団交渉進展か 米記者「メジャー契約の可能性高い」 | Full-Count (full-count.jp)

先週渡米が報じられた澤村ですが、現地メディアではレッドソックスが移籍先としては有力とのことです。
球団名が出たのは今回が初めてで、おそらく具体的なオファーまで提示されているのでしょう。
レットソックスは投手陣の立て直しが必要で、特にリリーバーは補強ポイントになっているようです。
160キロに迫るストレートと高速のスプリットを操り、NPBとはいえ経験豊富な投手ということでメジャー契約が濃厚とのことです。
このご時世ですので日本とアメリカの往復はリスクもありますので、このままメディカルチェックをして契約、そのままキャンプインですかね。

マリーンズ澤村が海を渡る マリーンズ澤村が海を渡る マーティンも来日し助っ人陣も徐々に合流へ マーティンも来日し助っ人陣も徐々に合流へ

ここまで私のブログでは澤村はメジャー移籍確実で退団を想定していろいろ考えていましたが、交渉の進展がなく時間が過ぎ心のどこかでは残留の可能性もあるのではないかとの想いがなかったわけではありません。
こうやっていざ決まりそうになると寂しくなりますね。
マリーンズ在籍期間は短いですが、非常に強烈なインパクトを我々に残してくれました。
夢のメジャーまでもう一歩です。

平野も日本復帰へ

オリックス、4年ぶり復帰の平野佳寿を支配下登録 NPB通算156セーブの守護神 | Full-Count (full-count.jp)

マリナーズをFAになった平野ですが、バファローズへの復帰が決定したようです。
これで今オフのメジャーから日本球界への復帰はイーグルスの田中に続いて2人目。
ポスティングでメジャー移籍を目指したファイターズの西川、ジャイアンツの菅野が相次いで不成立となり、メジャーリーグのFA市場の混沌さが伺えます。
バファローズのブルペン陣は昨年クローザーを務めていたディクソンも絶対的な感じはありませんし、増井は先発調整のようですし、ベテランの平野の加入は大きそうです。
昨シーズンはバファローズ相手に白星を稼ぎましたが、今シーズンはそう簡単にはいかないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です