臨時コーチじゃもったいない

とんとん拍子で話が進む

三冠王道場はシーズン中も…松中臨時コーチが指導継続へ オーナーも井口監督も「短期間ではもったいない」【ロッテ】:中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp)

キャンプ中の臨時コーチとして就任した松中打撃コーチですが、球団幹部や井口監督の意向でシーズン中も指導を要請するようです。

若手中心の1軍キャンプに松中コーチが来る 若手中心の1軍キャンプに松中コーチが来る

連日ニュースになっていますが安田、藤原を中心に若手選手に厳しく愛のある指導しているように報道されています。
まだキャンプインしてから1週間しか経過していませので指導者としての能力は完全には把握できていませんが、この話が出るということは指導に関して高評価されているのでしょう。
任されるとしたら1軍打撃コーチ。
ベンチ入りできるコーチの数は限られていますのでどのような布陣にするかはまだ未定ですが、1軍打撃コーチは主に戦略面で優れる河野コーチしかいなかったので、いい選択かもしれません。

ホームランが打ちたい

得点力アップにはホームランが欠かせません。
去年はマーティンがチームトップの25本塁打でしたが、その次は井上の14本塁打で二桁本塁打はこの2名だけ。
一昨年も基本的にはレアードがチームの本塁打数を引っ張った形ですので、和製大砲はマリーンズの悲願です。
幸いなことに安田をはじめ、ホームランバッターになれる資質をもった選手を近年のドラフトで獲得してきたマリーンズ。
ホームランバッターの育成には時間がかかるとされていますので、中長期的な目線で現役時代に本塁打王に輝いた松中氏に継続した指導を依頼するのは筋が通った話かもしれません。

福浦コーチもいるんだけどな

ちょっと気になったのは福浦2軍打撃コーチの立場。
福浦コーチは紛れもなくマリーンズのレジェンドであり、現役時代から若手への適切なアドバイスにて定評もあり、一時は選手兼任コーチまで務めていたほどです。
その福浦コーチを差し置いて同年代の松中氏を1軍コーチに抜擢になりそうで、球団のレジェンドに対しての扱いはどうなんでしょうか。

もちろん福浦コーチはアベレージヒッタータイプに対し松中氏はホームランバッタータイプと現役時代の選手としての特徴は違います。
チームとしての需要はホームランを打てる選手の育成でしょうから松中氏に白羽の矢が立ち、鳥越2軍監督とともに福浦コーチには2軍でくすぶっている若手の指導を当たって欲しいという意図とも取れます。

ただ同じようにマリーンズの看板選手といえるサブロー氏や岡田氏が他球団に流出した件もありますし、昨オフはFAで加入した福田の待遇と生え抜き選手たちの待遇の差で火種になりそうだったので、コーチ陣にも同じことがないかどうか気がかりではあります。
まあ当の本人である福浦コーチはそんなことを気にしていない可能性もありますし、2軍からどんどん打てる選手を1軍に送り込んでその指導力を大々的にアピールすることを期待します。

2 COMMENTS

ヤマ

はじめまして、ヤマと申します。
ランキングよりアクセス・拝見しております。

今年は臨時コーチが注目されていますね!

マリーンズでいえば、松中さん
彼の指導で安田選手が大化けしたら、他チームは怖いでしょうね。

私はスワローズファンなのですが、こちらは古田さんに臨時コーチとして来てもらっているので、「今シーズンのスワローズは油断ならないな」と思ってもらえるレベルに引き上げてもらえたらな、と思っております。

そして、今シーズン、お互いに良い戦いができればな、と。

返信する
chikuma

ヤマさん

お返事遅くなってすみません。
コメントありがとうございます。

松中コーチによる連日の打撃指導のニュースでワクワクさせられます。
特に去年は打てなくて悲しい思いをしたので…
安田をはじめ若手の底上げに期待です。

古田氏も久しぶりのユニフォーム姿ですがプロ野球界のことを考えれば待望の現場復帰ですね。
なによりも高津ー古田のコンビには期待感がありますね。

今年は交流戦も復活するので対戦楽しみにしてます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です