不倫&虚偽報告の清田に処分が下る

清田の処分が決定

1月7日に第一報が報じられた清田の不倫報道ですが、1週間の沈黙を経て今日15日に球団が処分を発表しました。

球団処分について|千葉ロッテマリーンズ (marines.co.jp)

清田に下された処分は無期限の謹慎処分。

報道されたLINEや手紙の一部や具体的な不倫行為の詳細など一連の報道のインパクトは凄まじいですが、不倫自体は家庭内の問題として処理されると思います。
そうなると球団が実際に処分できるのは札幌遠征の際に部外者と会食し、その事実を偽って報告したことのみ。
個人的な感情では正直もう選手としては見れないのですが、球団都合での契約解除はできないでしょうから、本人が辞めないと言う限り1番重い処分ではないでしょうか。
本人のあの性格を踏まえて、そして想像ですが2度目の不倫で離婚の可能性もありますし、そうなると慰謝料や養育費なんて話も出そうですし、清田としては自ら辞めると言う選択肢はなかったと思います。

同時に松本本部長にも厳重注意処分が発表されています。
これは完全にとばっちりですが、球団を代表して誰かが処分を受けないといけませんし、厳重注意の処分で済んだと言うべきですかね。

無期限っていつまで?

無期限謹慎との発表がありましたが、それ以上の具体的なことについては触れられていませんでした。
プロ野球選手である以上気になるのは謹慎期間は練習ができるのかということです。
個人的には謹慎処分というで試合や練習はおろか、球団施設の利用も制限されると思います。

昨年発覚した緊急事態宣言が出ている中ゴルフに行き、その際にスピード違反で検挙された相内と佐藤に対し、西武がした処分は対外試合出場停止とユニフォーム着用禁止でした。
そして相内はそのままオフに戦力外通告を受け、佐藤は12月末で処分が解除されています。

今回の清田の処分はおそらく契約解除の次に重い処分で、球団施設使って練習できるのであれば西武と同じような処分内容を発表をすると思いますので、今回の清田の処分では練習すらもさせてもらえないのではないかと考えます。
そうするとまず第一のステップは球団施設での練習を再開させることなりそうです。
まずはユニフォームを着用させない状態でチームの練習の補助をし、チームの練習後に施設を利用して練習できるみたいな感じで段階を踏んで活動を再開していくと予想します。

問題は球団はどのくらい謹慎期間を設けるのでしょうか。
とりあえずキャンプ、オープン戦は絶望ですので開幕はアウト。その後は清田の反省具合やスポンサーとの兼ね合いもあるでしょうが、今シーズンは一切の活動をさせないのか、秋くらいに練習生のような扱いで復帰させるのか、それとももっと早いのか。
正直前例が少ないので全く想像できません。MLBでは禁止薬物を利用すると何試合出場停止みたいな感じで分かりやすいのですが、NPBではやってるの見た事ないですし、そもそも禁止薬物と今回の清田の件では不祥事の系統が違いますし。
個人的には半年間くらいは様子を見るべきと考え、8月から9月くらいに徐々に復帰ではないかと予想します。

年俸ってどうなるの?

そしてもう一つの疑問が年俸はどうなるのかです。
清田は昨年末に年俸6,000万円の2年契約を結んでいます。
プロ野球選手の年俸としては高額なわけではないですが、決して安い金額でもありません。
特にマリーンズの中では高い方だと思います。
それなのに2021年シーズンは試合出場が難しい状況です。
怪我とかなら仕方ないところですが、今回は自分で起こした不祥事のせいです。
契約を結んだあとですが、そもそもプロ野球選手として活動できないわけですし、さすがに減額は免れないのではないでしょうか。

清田なんていなかったことにすればいい

年明け早々に舞い込んできた清田のスキャンダル。
コロナウイルス感染拡大のニュースと相まって、私たちを不快な思いにさせました。
刑事罰を受けるような行為ではないため復帰の道を残しておくのは妥当な判断だと思いますが、正直もう一度清田が1軍の舞台でプレーするようではだめだと思います。
プロ野球界は実力が全てです。
若い選手たちが清田の帰ってくる場所をなくすくらい活躍することが、みんなが幸せになれるこの騒動の結末ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA