奨吾よマリーンズを引っ張ってくれ

来季から奨吾がキャプテンに就任!

井口監督になって以降廃止されていたキャプテン制度ですが、来季から復活することに。
奨吾がキャプテンに就任するとのことです。
3年連続で全試合出場、ポジションもセカンドで内野の要、そして年齢的にも選手として充実期を迎えるであろう時期。
現在のマリーンズのメンバーを考えると奨吾が適任でしょう。

前任は現楽天の鈴木大地。
大地はキャプテンとして優秀だったと思いますが、優秀がゆえに周囲が大地に依存的になり、だから井口監督はキャプテン制度を廃止しました。
井口政権になり野手では奨吾や井上が主力に成長し、だんだんと大地依存のチームは脱却されてきたように感じます。

そして去年の大地の退団。

絶対的チームリーダーの不在はチーム全体の調子がいいときは気になりませんでしたが、優勝争いの中チーム全体の調子が悪くなると全く立て直せず悔しい思いをしました。
キャプテンがいなかったせいとは思いませんが、一人ひとりで戦うことの限界だったのかもしれません。
就任当初とはチームが変わってきた中、キャプテン制度の復活は必然だったのかもしれません。

チームのためでもあり、奨吾のためでもある

【ロッテ】4年ぶりキャプテン制復活 中村奨吾抜てき…井口監督も信頼感「一回り二回りも大きく」(中日スポーツ) – Yahoo!ニュース

井口監督も「奨吾にはチームの先頭に立って、存在感を見せて欲しいと思っています。責任感も強いし、いつもチームの事を最優先に考える自覚もあるので彼ならチームを引っ張ることができると思っています。まだまだ一回りも二回りも大きくなれる選手だし、本人もそうなりたいとつねに思っている。彼にキャプテンを任せることで新たに見えてくることや新たに芽生える気持ちもあると思います。来年、リーグ優勝をつかみ取るために奨吾には彼なりのスタイルでリーダーシップを発揮してもらいたいと思っています」との談話を発表した。

3年連続の全試合出場を果たしていますが成績は伸び悩んでいる状況で、監督はこのキャプテン就任を起爆剤にしてほしいという意図があるよう。
まあこれに関してはわたしも同意見で、奨吾のポテンシャルを考えるとこの成績で満足できるはずがありません。
今シーズン二木に背番号18を与え大きく飛躍したように、奨吾にもキャプテンという立場を与え成長を促す。
やるべきことが増え負担も大きくなりますが、責任感が好転するパターンに期待しましょう。

繰り返しますが前任の大地はキャプテンとして優秀だった思います。
比較されてしまうかもしれませんが、奨吾なりのキャプテン像を作っていってほしいです。

投手陣では選手会長益田がリーダーシップを発揮し、今季のチームの躍進を支えました。
そして来シーズンは野手のキャプテンの奨吾との両輪で悲願のリーグ制覇へチーム一丸となり戦って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です