こんなゴールデングラブ賞に価値はないという負け惜しみ

ベストナインにマリーンズ選手は選ばれず

2020ベストナインが発表 巨人から最多5人が選出<2020年度ベストナイン受賞選手一覧>(ベースボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

残念ながらベストナインにマリーンズからの選出はありませんでした。
正直誰か推薦しろといわれても難しく、強いてあげるなら益田くらいだったので残念ながらこれは仕方ないですかね。
投手は先発、野手は打撃成績上位が選ばれる賞だと思いますので。

パリーグは今年1年間観てきましたが、選出は概ね順当でしょうか。
強いて言うならDH起用が多かった中田が一塁手、ファースト起用が多かった鈴木大地が三塁手で選出されていることに若干違和感があるくらいで、あとはその通りだと思います。
DHでは西武のベテラン栗山が選出されています。
個人的には今シーズン一番憎たらしかった選手といっても過言ではありません。
来シーズンはマリーンズ戦ではもう少し大人しくしていただきたいものです。

セリーグはシーズン中詳しく見ていたわけではないですが、捕手で大城、外野手で丸の選出はどうなんですかね。
まず捕手では大城自体がチーム内で完全に正捕手とは言い難い状況で、ベストナインに選ばれるのは違和感があります。
外野手では丸が5年連続で選ばれましたが、打撃成績はヤクルトの青木や横浜の梶谷のほうが見栄えがいいですけどね。
まあ大城や丸に関しては優勝補正もありますしこんなもんでしょうか。

MVP&新人王は順当に選出

MVPはパが鷹・柳田、セは巨人・菅野(ベースボールキング) – Yahoo!ニュース

西武・平良、広島・森下が新人王!巨人・戸郷は新人特別賞(ベースボールキング) – Yahoo!ニュース

MVPはパリーグは柳田でした。
柳田はもちろん好成績でしたが、圧倒的に抜きん出た成績ではないので、優勝したチームを代表して看板選手の柳田がもらったって感じを受けます。
それほど今年のホークスの優勝はチーム力で勝ち取った優勝でした。

新人王は西武の平良。
楽天の小深田と接戦でしたが個人的にはやはり平良の方がパフォーマンスが高かったように思います。
リーグ最多の54試合投げて防御率は1.87。
そして何よりあのストレートを打つのは至難の業。
苦手の西武にまた嫌な投手が出現しました。

セリーグのMVPは菅野。こちらは開幕投手からの連勝記録を作ったりしましたし納得でしょう。
新人王の広島森下は10勝、防御率1.91と素晴らしいですね。これも文句ないでしょう。

ゴールデンクラブの選考はどうなの

ゴールデン・グラブ賞発表 守備率10割の菊池涼介が8年連続、中田翔と中村晃は異例の同数でW受賞…受賞者一覧(スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

マリーンズファンというバイアスがあるにせよ、ファーストが井上でないことが解せません。
別に中田や中村晃の守備が下手とは言いません。
ただDHでの出場が多かったり、外野と兼任だったりでファーストでの出場は60試合程度。
井上は年間通してファーストでの試合出場および守備機会が多かったですし、数字の面では受賞した二人に恥じない結果です。
そしてただ無難に守備をこなすのではなく、時折見せてくれる華麗なプレーでチームのピンチを救ってくれました。
2票差と僅差ではありますが、わたしのなかでは僅差になる方がおかしいです。

セカンドは奨吾が落選。
これももちろん外崎はいい選手なのですが、守備の面でパリーグで一番のセカンドは奨吾だと思っているので不満です。
特に浅村より得票数が少ないのはなぜ。全く理解できません。

セリーグでは外野手で阪神近本が落選して話題になっていますね。
正直セリーグは観る機会が少なくて判断できないのですが、守備指標は近本が断然トップだったのでやはり順当な選出とは違うのでしょう。

ゴールデングラブ賞も完全に記者による人気投票みたいな賞になってしまいました。
これでは名誉ある賞とは言えないのでは?と思ってしまいます。
そもそも論ですが複数ポジションをこなすのが当たり前の時代に、ポジションごとにベストナインやゴールデングラブ賞を選ぶこともナンセンスな気がします。
沢村賞もそうですが、選考側も進化していかないと時代にそぐわない価値の低い賞になってしまうのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です