ハーマンは残留したけど厳しい球団経営で今後の新戦力はどうなる?

ハーマンは無事残留

千葉ロッテ・ハーマンとの来季契約が決定 「楽しみにしている」、今季は強力リリーフ陣の一角として奮闘(ベースボールチャンネル) – Yahoo!ニュース

ロッテ・唐川、ハーマン残留を喜ぶ「ムードメーカーで支えてくれる」(スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

懸念案件だったハーマンの去就ですが、無事残留が決まりました。
FA宣言をした澤村は退団が濃厚、松永は音沙汰ないですがおそらく移籍前提だと思いますので、「まさかハーマンまで…」とヒヤヒヤしていました。
小野の成長が著しく、東條も安定した投球をしていましたし、東妻や田中靖らの復活も期待できますがハーマンがいるかどうかでは天と地の差。

以前も書いたように今シーズンの好調な要因は吉井コーチの徹底的な登板管理が合っていたのではないでしょうか。
ハーマン自身がインテリジェンスの高い選手で吉井コーチとの親和性が高く、休む時はしっかり休み登板時にはベストパフォーマンスを出すというように年齢と起用法がマッチしたように思います。
来年で37歳ですので単年契約とのことですが、とりあえず今季のパフォーマンスを考えればまだまだ十分戦力になれそうですし、これで来シーズンもブルペン陣はなんとかやっていけるかなといった感じです。

「ブルペンで一緒にやっているし、いい人だし。若い選手にも自分にもアドバイスをくれるし、ブルペンでも騒がしいので、ムードメーカーとしてブルペンで支えてくれます」

先に残留を発表をした唐川ともども来シーズンもブルペンを支えていただきたいです。

補強は音沙汰なし

ハーマンの残留で補強完了です、と宣言しそうなくらい新戦力に関しては何も報道がありませんね。
Wチェンの退団で支配下枠で残留が決まっている外国人はレアード、マーティン、ハーマン、フローレスの4人。
1軍に5人登録できる制度は来年も継続されそう、今季のレアードみたいに故障で長期離脱の可能性もある、そして外国人枠も競争させることが球界のトレンドですので、もう1、2選手外国人枠で補強したいところ。

ハーマンの残留により優先順位は投手>野手で特に先発投手でしょう。
今年ほどではないにしろ来季も五輪中断がある影響で過密日程ですので頭数は必要です。
野手であればDHで起用できる長距離砲を、そしてレアードらと競わせてほしいですね。
もう12月も中旬であと1月半でキャンプインです。
そろそろ補強の話が聞きたいでな。

なかなか厳しい懐事情

ロッテ球団コロナ禍で赤字拡大、数十億円も… 価格変動チケットやリモート応援に活路(産経新聞) – Yahoo!ニュース

補強が進まない理由はこれでしょうか。
今年の球団経営はだいぶ苦しいようですね。
メインの観客動員が7割減とは…。
2年連続で黒字化に成功し、ダイナミックプライシング(価格変動チケット)やリモート応援など新しいことに挑戦する姿勢はいいと思いますが現実は厳しいです。

ただチケット単価は上がりましたが、ダイナミックプライシングはどうなんでしょうね。
シーズン終盤の内野ISとはいえ平日に10,000円はやや高い気がします。
こんな情勢でなかなか先の予定が読みづらく、チケット購入が直前になってしまう場合もあるのでこの制度はうれしくないですね。
さすがにこの価格上昇が来シーズンも続くと行く側のお財布事情も苦しくなります。
観たいときにふらっと観に行けたマリンはもう戻らないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です