来シーズンに向けマリーンズ周辺が騒がしいです

井口監督の続投が決定しました

ロッテ井口監督の来季続投を河合オーナー代行が明言

これは妥当な判断でしょう。
3年目を迎えた井口政権。
今季は一時首位争いをしていましたし、
終盤失速したとはいえ2位はよくやったと思います。

個人的に今年井口監督が変わったなと思うポイントは試合後のコメント。
去年までは試合後のコメントはネガティブなイメージだったのですが、
今年はチームの成績が良かったことを踏まえても、
過去2年より前向きなコメントが多かったように感じます。
もちろん負け試合で苦言を呈することも必要でしょうが、
チームの顔として責任を持った発言をしていたように思います。

また報道を読む限りではマリーンズのコーチ陣が伸び伸びと仕事ができているようにみえます。
選手だけでなくコーチのマネジメントも監督の器量によるものと思うので、
その点チームのトップとして相応しい監督になってきたと思います。
マリーンズで今年一番成長したのは井口監督かもしれません。(笑)

今季のチームの躍進の原動力は守備力でしょう。
安定した投手力+鍛えられた内外野守備で僅差のゲームをものにしてきました。
これは吉井投手コーチや鳥越ヘッドを中心とした現首脳陣の功績でしょう。
しかし課題は何といっても打撃。
チーム打率リーグ最下位では優勝は不可能でしょう。
あと選手起用も疑問が残る点もあります。
このあたりについてはしっかり分析し、
また別の記事にしようかと思います。

とにかく正式に続投が決まり来シーズンに向け本格的な準備が始まります。
リーグ制覇の目標へ、井口監督の手腕に期待です。

石川メジャー移籍?残留?唐川がFA宣言?

昨晩から今朝にかけて報道がたくさん出てバタバタしました。

【ロッテ】石川歩、今オフのポスティングを断念…球団容認の方針も自ら申し入れ

石川は昨年のオフに今シーズン終了後にポスティング制度を利用してメジャー移籍を希望していました。
そしてシーズン終了後、球団側はポスティング制度の利用を容認することに。

(やはりメジャー移籍か…。しかしこれは石川の夢、ファンとして快く送り出そう。)
その報道が昨晩出たときはそんな心境でした。

しかしその約1時間30分後、石川からポスティング利用を断念したとの報道が出ます。
さすがに???って感じです。
球団はポスティング利用を容認したが、本人が断ったみたいです。
まあ今年のコロナ騒ぎでいい契約が取れるかわかりませんし、
なによりチームの投手陣の柱が残留してくれるので喜ばしいことには間違いありません。
しかしこのポスティング制度容認から即本人否定の流れは笑っちゃいました。
石川には来季も楽しませてもらえそうです。

こちらはちょっと心配なニュース。

ロッテ唐川FA行使検討 国内移籍へ代理人とも契約

勝手に唐川は地元のこのマリーンズでユニホームを脱ぐと思い込んでいました。

今季は32試合に登板し防御率1・19と抜群の成績。
完全に来シーズンも強力リリーフ陣の一角として計算していました。
確かに年俸ランクはCランクで人的補償がないのでFA移籍へのハードルは低く、
加えて今季のこの成績、争奪戦が予想されます。
ここ数年、今後の野球人生についてより真剣に考えるようになった様子とのこと。
マリーンズの年俸の問題か、中継ぎ起用に不満があるのか、純粋に違うチームでプレーしてみたいのか。
FAは選手の権利。後悔のない選択をしてもらいたいです。

マリーンズ周辺は来季に向けて騒がしくなってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です