CS敗退、来シーズンこそはその先へ マリーンズ観戦記2020/11/15

帰ってきた4番安田の一撃で先制!

崖っぷちのマリーンズ。昨日と打線を変更します。
4番に安田が復帰。
昨日いいところがなかった井上にかわり福田がスタメンに起用されます。
当たり前ですが今シーズン最も勝ったのが4番安田。
もう3連勝しかないマリーンズ、この形で流れを変えるしかありません。

ホークス先発は東浜。
マリーンズは6日のゲームでも東浜に勝っています。
そのいいイメージがあるのか先頭荻野がヒット、藤原四球、清田が進塁打で一死23塁。
迎えるは4番安田。1-0からの外目のツーシームを打つと打球は左中間を破る2塁打。
連日の安田の一打でマリーンズが先制します。
安田は東浜と相性がいいのでしょう。見事4番起用に応えます。
その後も四球2個でチャンスをつくり、内野ゴロの間にもう1点。
後がない試合でマリーンズが3点先制します。

マリーンズの先発はチェン・ウェイン。
初回は2塁打でランナーを許すものの、後続を抑え上々の立ち上がり。
さすがの落ち着きぶりです。
先制点取った後イニング、浮き足立つことなく0点に抑える。
ベテランの味ですね。

2回表は二死から藤原がヒットで出塁。甲斐から盗塁を決めます。
本当にプロ2年目の選手には思えませんね。
結局無得点でしたが藤原の良さが存分に表れていました。

2回裏は一死ヒットでランナーを出すと、ホークスの7番中村晃に痛恨の被弾。
まぁ完璧な当たりでしたし打った中村がうまかった。
後続は内野の攻守もあり無失点に抑えます。

3回は両チームとも無得点。
4回表は二死13塁のチャンスをつくるも安田が空振り三振。
この打席はちょっと消極的でした。

悪夢の2者連続ホームラン

4回裏は一死2塁で前の打席本塁打の中村晃。
甘いスライダーを完璧に捉えられ、痛恨の2打席連続ホームランで逆転。
これは痛い…。痛すぎる…。
さすがのチェンでも動揺が隠しきれず、
続く松田にもど真ん中のカットボールを打たれ、
まさかの連続被弾でリードの広げられました。

チェンはここで降板。
シーズン途中で加入し、安定したピッチングを見せてくれてたチェン。
ただ確かに被本塁打は多く、このような結果も驚きはしませんが…。
でも彼の加入はチームにとって大きかったことには違いありません。
来季もマリーンズでプレーしてくれることを願います。

5回表も四球とヒットで無死12塁とチャンスを作るも、
7、8、9番がランナーを進めることすらできず、無得点。
6回表も先頭出すが無得点。
重い空気が漂います。

チェンの後を受けた小野、岩下、唐川のリリーフ陣はホークス打線をよく抑えてます。
毎度毎度のことながらリリーフ陣は本当によく投げています。

7回表は先頭安田が2塁打。
前の2打席は消極的な三振でしたが、この打席は左の嘉弥真からしっかり打ちました。
チャンスでもこういうバッティングをしてもらいたいものです。
その後3塁に進塁し、奨吾の内野ゴロの間に1点を返す。
初回以降なかなか取れなかった1点が取れました。

しかしその裏、代わったハーマンが甲斐と周東の連打で1点を失います。
ダメ押しに限りなく近い1点。
この大事な試合終盤に取られたらすぐ取り返すのがホークスの強さなのでしょう。

8回表はホークスのセットアッパー、モイネロに簡単に三者凡退。
まあモイネロを打てなかった打者には少し同情します。
どうやって打つのでしょうか、あの投手は。

8回裏は澤村がマウンドに。
昨日は決勝点を取られましたが、今日は完璧なリリーフで無失点。
最終回の攻撃へ流れをつくります。

来シーズンへの希望を見せ、終戦

そして最終回、マウンドにはもちろんホークス抑えの森。
先頭バッターは藤原。1-2から変化球をうまく合わせると、
ピッチャーに当たりラッキーな内野安打に。
藤原はこれで今日3安打。繰り返しますがプロ2年目の20歳には思えません。
清田は空振り三振。1アウト。
しかし4番安田も今日3本目のセンター前ヒットで12塁。
さらに代打角中が四球を選び、満塁に。
逆転のランナーまで出塁し、大きなチャンスをつくります。
迎えるは奨吾。森とは相性がいいので期待しましたが、2-2から空振り三振で2アウト。
正直2-1からの甘いカーブを見逃してしまった時点で勝負ありました。
この大チャンスに守りに入ってしまっては点が取れません。
最後は代打佐藤。
さすがにルーキーには酷な場面。
初球の甘いストレートを見逃し、結局センターフライに打ととられゲームセット。

マリーンズの2020年シーズンが終わりました。

今日の試合悔やまれるのは松田のホームランでしょう。
もちろん中村晃の2本のホームランは反省しないといけませんが、個人的に問題はその後。
さすがにベテランのチェンでも逆転ホームランでは気落ちしてしまいます。
そこで内野手が一声をかけられるといいのですが映像で映る限りは誰も行かず。
切り替えができていないまま投じた失投を松田に打たれました。
途中加入、外国人、ベテラン選手と声を掛けづらいのかもしれませんが、グランド上ではみな対等。
しかもチェンなら日本語を理解できます。
去年までならこの場面で絶対に声をかけに行く選手がいましたが…。
たらればですが、防げた可能性が高い1点だったと思います。
野手の絶対的チームリーダーの穴は今シーズン埋められなかったですね。

昨日今日と点差は僅かでしたが、点差以上にホークスは強かったですね。
先制されても慌てない。取れるところで点をとる。ミスをしない。
王者の戦いぶりでした。

マリーンズも投手陣はシーズン同様いい働きをしてくれたと思います。
逆転された後も離されずくらいつくことができました。
野手陣では安田、藤原が目立っていました。
若手が大舞台で臆することなくプレーすることができる、今後の成長が楽しみですね。
ただまだ高卒2、3年目の若手の選手が目立つようではダメ。
奨吾や井上といった本来打線の核となるべき中堅からベテランの選手がこの結果では勝てません。
ただ確実に世代交代は進んでいるので、来シーズンに期待しましょう。

ありがとう、千葉ロッテマリーンズ。

来シーズンこそは飛躍の年にしましょう。


ソフトバンク vs. ロッテ クライマックスシリーズ2回戦

ロ|300 000 100|4
ソ|020 300 10X|6

勝利投手  モイネロ (2勝0敗0S)
敗戦投手  チェン・ウェイン (0勝1敗0S)
セーブ   森 (0勝0敗2S)

本塁打
ソフトバンク 中村晃 1号(2回裏2ラン) 、 中村晃 2号(4回裏2ラン) 、 松田宣 1号(4回裏ソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA