負けられないCS初戦、天国から地獄へ マリーンズ観戦記 2020/11/14

今日から2020年シーズンのCSが開幕。

3勝先取でホークスには1勝のアドバンテージがあります。
短期決戦で負けられない初戦。
テレビ観戦でしたが緊張感が高まります。

安田のホームランで先制!

ホークスの先発は千賀。

先制攻撃を期待しましたが、千賀は初回からエンジン全開。
簡単に三者凡退でした。打てる気がしませんでしたね。

1回裏の攻撃は3連打で1死満塁のピンチ。
しかし美馬は動じません。5番栗原をショートへの併殺に仕留めます。
さすがベテランって落ち着きです。

2回表のマリーンズの攻撃、二死1塁の場面で7番安田。
1ストライクからの2球目、抜けたフォークをうまくすくい上げると打球はライスとスタンドに飛び込む2ランホームランに。
マリーンズが先制します。

ロッテ・安田 フォーム修正でCS千賀打つ!練習で特大の一発「フォークは打てない、直球しっかり飛ばす」

この1週間で打撃フォームを調整したようですね。
個人的な印象では背中をピッチャーに見えるようにし、肩の開きを抑える様に構えています。
そしてシーズン中はインコースを意識してか踏み込んだ足が外に行っていたのに対し、
今日は投手方向に踏み込めていました。
その結果打球に力が伝わるようになり、見事ホームランに。

この大舞台で安田がいい仕事をしました。

2、3回は美馬が完ぺきな投球。
4回に柳田にホームランを打たれるもあれは仕方ないでしょう。打った柳田がすごい。
打たれたからこそコースがやや甘かったかなと思うくらいで、低めによく制球されていました。

その直後の5回表、一死3塁のチャンスで荻野がタイムリー、すぐに取り返します。
千賀相手に打線がいい攻撃をしています。

5回裏は2死満塁のピンチを招きましたが、2番中村を見逃し三振に。
今日は球審が外のストライクゾーンを広めにとっていたのでそれに救われました。
実際5ボール1ストライクくらいだったと思います笑。

5回を終わって3-1、マリーンズが優位に試合を進めます。

歯車が狂った6回裏の守備…

6回裏は先頭の柳田にヒットを許します。
これで柳田には今日3本目…。もうシングルヒットならOKみたいな感じですね。
続くグラシアルにもヒットを打たれ、送りバントで一死23塁。
ここでマリーンズは投手交代。東條にスイッチします。
美馬はまだ球数的には余裕がありましたがホークス打線につかまってきた感じがしたので、この交代は妥当でしょう。
先発としては十分役割を果たしてくれました。ナイスピッチング。

しかし東條はデスパイネに初球のスライダーを打たれると、
センター前に抜けるかという打球を藤岡が追いつきますが、送球がそれて内野安打に。
藤岡もいっぱいいっぱいのプレーでしたがが、アウトにしてほしかったですね。

続く一死13塁、牧原のところで唐川にスイッチ。しかしここが問題のシーン。
セカンド前へのボテボテのゴロを中村が捕球、3塁ランナーを目でけん制して目の前を走行していた1塁ランナーのデスパイネにタッチ、そして1塁に送球。
完璧な併殺の流れ。
しかしファーストの井上がまさかの落球…。
ボールを見失っている間に3塁ランナーが生還。3-3の同点に。

このエラーで失点するのは取られて1点以上に痛いですね。
井上は今シーズン何度も守備面で助けられましたし、
ファーストのGG賞最右翼だと思いますが、
なんで今日に限ってあんなしょうもないエラーを…。

完璧な内野安打で決勝点をとられる

7回裏のハーマンは完璧でした。

8回裏は澤村が登板。先頭バッターに四球。嫌な予感がします。
その後四球とヒットで2死満塁に。
バッターは甲斐。
カウント2-2からショートへのボテボテのあたりが勝ち越しタイムリー内野安打に。
ホークスが勝ち越しに成功します。

これは完璧な内野安打。
打たれた澤村もショートの藤岡も責められません。
澤村は四球2個出しましたが彼のピッチングスタイルからするとこんな日もある。
小さくまとまる方が困るのでこの内容は仕方ない。
仕方ない、仕方ないですが、重い1点を取られました。

肝心の打線は6回以降いいところなし、最終回も抑えの森に簡単に3者凡退に抑えられ3-4で敗戦。
大事な初戦を落としました。

結局今日の試合を振り返ると柳田とエラーと四球で負けた試合。
今シーズンのマリーンズの逆転勝ちパターンを相手にやられた感じの試合でしたね。
こういう試合をしているようでは総合力で勝るホークスには勝てません。

これでもう負けられなくなりました。 明日は切り替えて戦うしかない。

予告先発はチェンウェイン。
シーズン中は打線の援護に恵まれませんでしたが明日はどうでしょうか。
とにかく勝利のためにはノーエラーが必須条件でしょう。

文字通り背水の陣、崖っぷちでこそチームの真価が問われます。
明日はマリーンズらしい戦いを見せて欲しいですね。

頑張れ、マリーンズ!


ソフトバンク vs. ロッテ クライマックスシリーズ1回戦

ロ|020 010 000|3
ソ|000 102 01X|4

勝利投手  モイネロ (1勝0敗0S)
敗戦投手  澤村   (0勝1敗0S)
セーブ   森    (0勝0敗1S)

本塁打
ロッテ 安田 1号(2回表2ラン)
ソフトバンク 柳田 1号(4回裏ソロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA