今季マリーンズ躍進の立役者たちの来季は何処へ

シーズン終了、来季に向け去就に関する報道が出ています

CSの敗退が決定したその日の夜には来季の去就について報道が出てます

ロッテ鳥谷 CS出場機会なし…来季去就は球団と話し合う「続ける可能性もあるし、辞める可能性もあるし」

ロッテ沢村、来季メジャー挑戦も視野に 海外FA権「これからゆっくり考えます」ブルージェイズなど獲得興味

ロッテ チェン・ウェイン 来季はメジャーより「日本の方がいい」 3被弾KOも雪辱誓う

まず鳥谷は現役続行、残留が基本路線らしいですね。
チームとしては鳥谷のリーダーシップを高評価しているようです。
ベンチの様子を見ていると、慕われている雰囲気が伝わってきますね。
ただ役割としては半分コーチのような感じでしょうか。
正直選手としては今季成績はなかなか厳しい。
内野のユーティリティプレイヤーとしては有用ですが、
その役割は三木や茶谷でも代用可能です。
未来ある若手の選手を差し置いて、
鳥谷をベンチに入れることの是非は判断が難しいところです。
もちろんチームが必要と思いオファーをするのですからその判断は尊重しますし、
鳥谷も現役続行を決断するなら応援します。
来シーズンは鳥谷にプロ野球選手としての活躍をみたいです。

澤村はシーズン中からメジャー移籍の報道が出ていましたね。
報道の内容をそのまま受け取ると関心があるのはメジャー関係者の方で、
澤村からメジャー移籍への意向を示すコメントは出てないようにみえます。
まあしかし火のない所に煙は立たぬ、
メジャー志向のない選手に移籍報道は出ぬ、
といった感じでしょうか。
FAは選手の権利、行使してどのような選択をしても選手次第。
ファンは見守るしかありません。
そして今シーズンマリーンズに移籍後のピッチングを見ると、
メジャーリーグで投げる澤村も正直みたいです。
150キロ以上のスプリットなんて反則です(笑)。
もちろん途中加入ながらブルペンを支えてくれた選手、
退団となると戦力ダウンは否めません。
小野がある程度来シーズン以降も目途が立ちましたが、
何がありかわかりませんからね…。
とにかく本人の決断を待ちましょう。

チェンは来シーズンもNPBでのプレーを希望しているようです。
CS含め5試合だけの登板だけでしたが、十分に戦力になれることを証明してくれました。
特にマリーンズは左腕不足。
ドラフトで鈴木選手を獲得しましたが、実績のある左腕は欲しいところ。
是非残留してもらいたいですね。
最大のネックは年俸でしょう。
途中加入、実働1ヶ月で3000万の報道。
単純計算で推定年俸1億5000万~2億円くらいですかね。
代理人はあのスコット・ボラス。
簡単に年俸の引き下げには応じるとは思えません。
チームはすでにマーティンとも大型契約を結んでおり、
さらにリーグ2位と好成績でしたのでチーム全体である程度年俸アップするでしょう。
好成績の年は年俸アップしないといけないと思います。もちろん選手にもよりますが。
マリーンズは頑張って球団の黒字化を果たしましたが、
残念ながら財政的は小さいチーム。
マネーゲームでは勝ち目がありませんが、果たして。

CSは負けたが若い選手たちの戦いは終わらない


安田、藤原、佐藤、和田の4選手はフェニックスリーグに参戦するみたいですね。
鉄は熱いうちに打て、首脳陣のメッセージでしょう。
しかし今年は1軍は過密日程。
特に安田はスタメンでほぼ1年フルで戦ったわけですし、見えない疲労もあると思います。
ケガにだけは気を付けて欲しいです。
しかし激闘を終えた翌日なのに笑顔で次の戦いへ。
ほんとプロ野球選手ってタフですね。
若いっていいな。

何度ルメールに逆らって痛い目を見るのだろう…

エリザベス女王杯はラッキーライラックが強かったですね。
思い切って消しましたが、完全にやられました。
ルメールに逆らって痛い目を見るのは何度目でしょうか…。
人は学習する生き物ではないのかもしれません。
本命のセンテリュオは5着。さすがに位置取りが後ろだったですかね。
しかしノームコアが逃げるとは…
競馬はむずかしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA