千葉ロッテマリーンズ観戦記 2020/11/5 対ソフトバンク戦

2020/11/5  対ソフトバンク戦@zozoマリンスタジアム

連日貧打に喘ぐマリーンズ打線。スタメンに2番藤原、6番井上が復帰。このチームのピンチになんとか奮起してもらいたいですね。

ベテラン美馬の好投!

マリーンズは美馬が先発。初回、2回は無難な立ち上がり。3回に四球とヒットで2死12塁のピンチで、迎える柳田の強烈なピッチャーライナーを一度は弾き、落ちたボールを慌てて拾い一塁に送球するもそれが悪送球。なんとも後味の悪い失点。まあ結局9番の真砂に与えた不要な四球が効いてますよね、もったいなかった。

しかしその後は得意のホークス相手に圧巻の投球。テンポよく打たせて取るピッチングでリズムを作り、7回2/3を1失点でまとめました。ベテランの技って感じでしたね。

8回表の2死2塁のピンチで美馬から澤村に交代。美馬もまだ投げたかったでしょうが後輩の澤村がマウンドへ行く姿を拍手で見届け、澤村も152キロのスプリットでデスパイネを空振り三振に。この試合一番しびれる場面でした。

チームのピンチに安田の一打で逆転!

打線は2回の1死13塁のチャンスで7番藤岡が痛恨の併殺。チャンスを多く作れるチームではないのに、せっかく作ったチャンスが一瞬で消えるとメンタルにきますね。あそこの場面はベンチは無策だったのでしょうか。結果論ではありますがスクイズを仕掛けるなり、何かベンチが動いてもよかったのでは?

5回は2死12塁のチャンスで9番安田。4番降格後は全然いいところがなく、真面目な彼の性格上結構思い悩んでいただろうと想像できますが、ここを乗り越えてこそ成長がある。祈るような気持ちで打席を見守りました。追い込まれた後の3球目を左中間に逆転の2点タイムリー2塁打!!正直センターが柳田だったらとられてたかもだが、もう落ちればなんでもOK。塁上の安田の嬉しそうな表情がその苦労を物語っていて、見てるこっちが泣きそうになりました。やはり逆方向に大きいのが打てるのが彼の魅力ですね。

8回にはタイトルのかかった東浜から押し出しと荻野のタイムリーでダメ押しの追加点。チャンスで一本が出なかったチームが嘘のよう。チーム全体で相手投手に襲い掛かる姿、これを待ってました。

勝利が何よりの薬

一戦も負けられない試合で見事勝利。先発美馬は二桁10勝目、ベテランの好投が光りました。打線もこの試合はヒット10本と二桁安打を記録しました。まだまだ本調子とはいかないのでしょうけど残り3試合、気合で打ってもらいたいですね。

チームはCS進出には残り試合は全勝しかありません。金曜日からの3連戦、勝利あるのみです!

頑張れマリーンズ!

 

11月5日(木) ロッテ 6ー1ソフトバンク 24回戦

勝利投手 ロッテ 美馬 (10勝4敗0S)
敗戦投手 ソフトバンク 東浜 (9勝2敗0S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA