ルーキーとは思えないマウンドさばき。2021年マリーンズ年俸評価#58 河村 説人

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

58 河村 説人

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
58 河村 説人 800 1,200 1,500 700 88

個人的には2021年のブレイク候補に名前を挙げていたのでこの河村の活躍は嬉しく思います。前半戦はリリーフとして、中盤から後半戦にかえては先発として非常に良い仕事をしてくれました。年俸は予想以上のアップ幅、1,500万円で契約更改を終えています。

最初見たときはリリーフタイプだと思っていたので、先発でここまで好成績を残すとは思っていませんでした。もちろんゆとりあるローテが良かった感は否めませんが、実力がないと4連勝はできません。そしてチームの連敗中など厳しい状況でもナイスピッチングをして連敗ストッパーになってもくれました。マウンド上での表情はとてもルーキーとは思えず、相当メンタルが強い選手であることが伺えます。別に驚くようなボールは投げていませんが、河村はいわゆる「勝てる投手」ですね。

先発投手であるならば

来年は先発ローテ入りを狙うシーズンになり、最大の課題は長いイニングを投げること。今年は試合展開や順位の状況などの兼ね合いもありましたが、5~6回でマウンドを降りる先発投手は物足りないです。球数が多くて交代というわけではないので、交代されないようにもっと信頼感を得ていくことが必要でしょう。

あとはストレートの平均球速をもう少し上げたいです。長身から投げ下ろすフォームで打ちにくいとは思いますが、140キロ前後では相手打者としてもそこまで嫌な意識はないでしょう。緩いカーブやフォークは良い変化球を持っているので、それを活かすストレートをもっと伸ばしてほしいです。

先発ローテ争いはライバルが多く苛酷ですが、是非とも河村にはその枠を勝ち取ってもらいたいです。涼しい顔で相手打者を打ち取っていく、そんな憎たらしいまでのピッチングを来年も期待します。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です