ショートのレギュラー争いに風穴を。2021年マリーンズ年俸評価#57 小川 龍成

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

57 小川 龍成

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
57 小川 龍成 1,000 1,000 1,000 0 0

ルーキーシーズンは故障で出遅れましたが後半戦は1軍に帯同できました。代走・守備固めでの起用で出場機会は多くなかったですが、優勝争いという貴重な経験ができたことはプラスです。年俸は予想通りの現状維持、まあ妥当なところでしょうね。

振り返ると開幕直前の怪我が痛かったですね。あれがなかったら開幕スタメンでしたでしょうし、また違ったシーズンになっていたでしょう。まあたらればを言っても仕方ないのですが…。

出場自体は少なかったですが、その中でスピードと守備は十分1軍レベルであるとは思います。よって課題は打撃でボールへのコンタクトは悪くないとは思いますがパワー不足感が否めません。ホームランを打てとは言いませんが強い打球を打てなければ、打席数は増えいかないでしょう。

ショートのレギュラー争いに食い込めるか

個人的には結構小川に期待していて、藤岡とエチェバリアの争いになりそうなショートのレギュラー争いに風穴を開けて欲しいです。3人の中で走塁面では一つ抜けていますし、守備も引けを取りません。劣っているのは本当にバットだけで、逆に言うと2割5分くらい打てれば十分レギュラーとして戦えます。

今年のマリーンズのブレイク候補に名前を挙げた以上、私としては活躍してもらわないと困ります。往年の小坂コーチの様な名手と呼ばれる選手が理想で、その素質は十分あるはずです。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。