投手陣に厚みを加える男の復活を待つ。2021年マリーンズ年俸評価#29 西野 勇士

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

29 西野 勇士

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
29 西野 勇士 5,250 5,000 4,250 -1,000 -19

種市同様にトミー・ジョン手術のリハビリで2021年は全休だった種市。こちらも当たり前ですが1軍では1試合も投げていませんので、年俸1,000万円ダウンは仕方ないですね。

術後1年半以上が経過しリハビリは順調で、オフのフェニックスリーグでは復帰登板を果たしていました。しかし球速は140キロに届かず球威もなし、まだまだ7割くらいの力で恐る恐る投げている印象でした。でもこの調子なら2022年中の復帰ができそうです。種市同様に前半戦の最初のころは2軍でゆっくりイニングを伸ばしていき、中盤から後半戦に1軍復帰が理想的でしょうか。

どのような復活を見せてくれるか

起用法ですが基本的には先発調整だと思います。やはりトミー・ジョン手術明けというコンデションでリリーフの連投なんかができるかは不安なところですので、登板間隔が空けやすい先発起用の方が身体の負担は少なそうです。ただかつてのクローザーということでリリーフ経験も豊富ですしもちろん複数イニングも投げれます。延長12回制復活なんて話もありますし、西野がリリーフ陣に加わることで厚みがますことも魅力的です。なんにせよ復帰が待たれる投手です。

西野も今年で31歳とベテランの域に差し掛かっています。投手陣は若手の台頭が目立ち世代交代が進んでいますが、マリーンズに西野あり、といった復活の年にして欲しいと願っております。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。