田村1強時代も終わりを告げ。2021年マリーンズ年俸評価#22 田村 龍弘

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

22 田村 龍弘

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
22 田村 龍弘 7,000 6,200 6,500 -500 -7

ケガによる2度の離脱やトレードでの加藤の獲得により出場試合が大きく減ってしまった2021年の田村。田村1強時代も終わりを告げた感があります。さすがにダウン提示は避けられず、むしろこのくらいのダウン幅で済んだという考えもできますね。

出場試合数は70試合と半分もいかず、ベンチを温める時間が多くなりました。慢性的な腰の痛みによるコンデション不良は多少あったにせよ、痛いから試合に出ないと言うタイプでもないので、ここまで出場機会が減るのはチーム内での序列が下がってきているのだなと感じます。特に前半戦は被本塁打が多く田村を中心に捕手陣がやり玉に挙がっていましたし、加藤の加入で改善したことを踏まえると仕方ない面もあります。2020年までは田村が出れる状態ならほとんど田村がスタメンマスクでしたが、そんな時代は終わったようです。

再び正捕手を目指して

加藤にしろ佐藤都志也にしろ一長一短ありますし、現時点では正捕手と言えるような存在はいません。田村の2022年は再び正捕手と呼ばれるような存在になることを目指すシーズンになりそうです。個人的にはインコースも積極的に使いますし、相手の裏をかくことをする田村のリードは好きですし高く評価しています。ただ制球力に自信のない投手にも強気のインコース要求をし、投げ切れず痛打みたいなことが多くあるのも事実。理想的なリードを考えることは必要ですが、投手の能力や調子を加味して現実的なリードをすることは重要で、その辺は加藤の方が長けているかなと思います。投手の信頼を得る、そんなリードを田村にはして欲しいですね。

年齢的にもまだまだ老け込むには早いですし、松川が順調に育成できたとしても1軍主力化には時間がかかります。打撃と守備の総合力では田村がチームトップのキャッチャーであると考えますので、熾烈なレギュラー争いの中心的存在に変わりありません。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。