背番号18としての意地を見せろ。2021年マリーンズ年俸評価#18 二木 康太

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

18 二木 康太

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
18 二木 康太 6,000 4,800 5,500 -500 -8

自身初の開幕投手を務めるなど、要所要所では大事な試合を任されていた二木。背番号18ですしチームが期待しているのはとても伝わってきましたが、残念ながらその期待には応えられず、優勝争いの最中でCSを前にして一足先にシーズン終了しました。当然のダウン評価で

シーズン開幕前はまさか二木が5勝7敗で終わるとは思ってもいませんでした。この成績で終わった原因は色々あるとは思いますが、最大の理由としてはストレートが威力・精度ともに欠いていたかなと考えています。球速表示はそこまで変わりませんがおそらく打者の手元でのノビやキレは2020年後半と比べると劣っていそうで、インコースに投げきる制球力もイマイチです。
あとはカウント球としてのスライダーやカーブも有効に使えておらず、球種は基本的には140キロ前後のストレートとフォークの組み合わせだけ。対戦相手としたらフォークをマークしてもこのくらいのストレートに対応できますし、二木としたら投げる球がないといった状況でした。

復活にはとにかくストレート

2022年はまずストレートの復活、これなくして二木の1軍での出番はないでしょう。腕が遅れてくる+出どころが見えにくい独特の投球フォームですので球速表示以上に速く感じるでしょうから、球速アップというよりかはキレを増すようなイメージでしょうか。好調だった千隼が良い例ですね。得意のフォークはスピード・落差ともに十分通用するはずですので、ストレートが手強いボールになるだけでフォークで打ち取れる可能性はグンと上がります。

あとちょっと気になるのが怪我がないかどうか。140キロ出すのがやっとみたいな試合もありましたし、肩肘痛めていないかさすがに心配です。二木は今まで大きなケガのニュースはなかったはずですが1,2軍合わせればずっと投げ続けており、疲労は着実に溜まっているはずですので2021年のパフォーマンス低下には少なからず影響あると思います。

朗希をはじめとして下の世代も着実に成長しています。二木もまだまだ老けこむ年齢ではありませんので、先輩として、そして背番号18としての意地を見せてほしいものです。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です