元気な姿でマウンドに戻ってくることを楽しみに。2021年マリーンズ年俸評価#16 種市 篤暉

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

16 種市 篤暉

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
16 種市 篤暉 2,700 2,500 2,200 -500 -19

トミー・ジョン手術のリハビリで2021年は全休だった種市。当たり前とはいえ1試合も投げていませんし、年俸500万円ダウンは仕方ないですね。

術後1年半近くが経過しリハビリは順調とのこと。このままいけば2022年中の復帰ができそうです。先発投手はローテ候補がそこそこいますので、前半戦は2軍でゆっくりイニングを伸ばしていき中盤から後半戦に切り札的存在で1軍復帰、そんな展開が理想的でしょうか。

復活の2022年へ

2020年シーズンは完封勝利も達成し、これからってところでの離脱だったので本人もチームも残念だったでしょう。2021年は朗希や小島といった若い世代の先発投手の台頭が目立ちましたし、その活躍を見ているだけの種市は相当悔しかったはずです。その悔しさをバネに変えて、つらく長いリハビリを耐え、進化した姿を我々に見せてほしいものです。

トミー・ジョン手術後は球速がアップするなんて話もありますので、あの破壊力のあるストレートが更なるパワーアップをし、元気な姿でマウンドに戻ってくることを楽しみにしています。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です