複数年契約で生涯マリーンズが現実味を。2021年マリーンズ年俸評価#12 石川 歩

 

2021年オフの千葉ロッテマリーンズの契約更改がスタートしました。
以前投稿した各選手の予想年俸と実際の来季年俸がどうだったか、そして今シーズンの振り返りや来シーズンの展望などを考えてみたいと思います。

年俸アップ?ダウン?2021年千葉ロッテマリーンズ選手の来シーズンの年俸予想 

12 石川 歩

選手名
2021年
推定年俸
(万円)
2022年
予想年俸
(万円)
2022年
推定年俸
(万円)
前年比
(
万円)
前年比
(%)
 
 
12 石川 歩 11,000 10,500 15,000 4,000 36

シーズン途中で肘の手術をした時はさすがに今期絶望かなと思いましたが驚異的はスピードで戦線復帰。後半戦は大事なバファローズ戦で完投するなど安定した投球で、さすがのゲームメイク能力を随所に見せてくれました。FA権行使やポスティングシステム利用の可能性もありましたが、2022年からの年俸1億5000万円の2年契約で合意、生涯マリーンズが現実味を帯びてきました。

石川はもうベテランの域ですので複数年契約はややリスクですが、状態が戻った10月以降の投球を見ているとまだまだ力のある所を見せてくれますし、2022年も安定したピッチングを見せてくれるでしょう。メジャー挑戦を意識してか近年は100球前後で7回くらいまでスイスイ行きますし、たとえ負け試合でも長いイニングを投げてくれる投手は重要な存在で、数字で見る成績以上にチームへの貢献は大きいはず。石川の退団は優勝に向けて大きなマイナスですので残留してくれて良かったです。

先発ローテの柱に

2021年の先発投手陣は佐々木朗希や小島らが活躍しましたが、石川も負けじと2022年も先発ローテの柱になることが求められます。基本的には石川に求めることは継続、年齢的には能力は下降線を辿っていくはずですのでそれに抗ってまだまだ健在なところを見せて欲しいです。あとは2016年以降遠ざかっている二桁勝利を達成することが目標でしょうか。
強いていうなら課題は無駄なホームランを減らすこと、まあこれはチーム全体の課題ですが。

この年齢になって過去最高の年俸1億5000万円の契約を勝ち取ることは凄いことです。円熟味を増してきたそのピッチングで悲願の優勝へ導いて欲しいですね。

↓その他の選手についてはこちら↓
2021年千葉ロッテマリーンズ契約更改情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。