ジャイアンツは成す術なく敗れる、ホークスが日本一に王手


まるで赤子の手をひねるかの如く

2連勝して意気揚々とホームに戻ってきたホークス。
前々日の屈辱的な敗戦のリベンジを狙うジャイアンツ。
両リーグの王者の意地がぶつかる第3戦、またしてもジャイアンツはは成す術なく敗れました。

ホークスの先発はムーア。
初回に先頭バッターをエラーで出塁させ無死2塁。
負けられない試合であり、ジャイアンツは送りバントを試みますが、失敗。
3番坂本、4番岡本もあっさり倒れ無得点。
もらったチャンスを自らのミスで潰します。

ジャイアンツの先発はサンチェス。
恥ずかしながらほぼ初めて見た選手なのですが、なかなかいいボールを投げていました。
150キロ以上のストレートとカットボールを軸に2回まで無失点に抑えます。

しかし3回裏、エラーで二死2塁とランナー出すと2番中村晃が2-2からライトスタンドへの先制2ランホームランを打ちホークスが先制。
打たれたのだから失投なのでしょうけど、それにしても中村がうまく打ちました。
これで3試合連続でホークスが先制します。

ジャイアンツ打線はムーアの前に打線が沈黙。
サンチェスも何とか踏ん張り続け、6回の2死満塁の大ピンチをセカンド吉川のファインプレーで無失点で切り抜けます。
さすがに流れが来るか、と思いましたが次の7回もムーアが立ちはだかります。簡単に三者凡退。
結局四球でランナーは出すもヒットは1本も出ず7回までノーヒットノーランが続きます。

7回裏に救援陣が打たれホークスが追加点を取り4-0に。
さすがにこれで勝負あり。

ソフトバンク工藤監督 無安打投球のムーア交代は「負けるわけにいかなかった。すみません」

ソフトバンクの工藤監督が勝利監督インタビューで先発のムーアをノーヒットで交代したことについて「この大きな舞台でノーヒットに抑えるというのは、心技体、このゲームにしっかりと準備してくれた」と称えた上で「(ムーアは)少し疲れも見えたというところもありましたし、きょうはどうしても勝ちたかった。このペイペイドームで負けるわけにはいかなかった。すみません、7回で代えさせていただきました」と語った。

1ミリも隙をみせませんっていう采配でノーヒットですがムーアを交代します。
8回表はモイネロが2つの四死球を出すも3三振。
ジャイアンツのバッターほとんどバットに当たりませんでしたね。
9回表は抑えの森。
二死から丸にヒットを許しノーヒットは途切れましたが、後続を断ち完勝。
ホークスが王手をかけました。

王者ホークスの強さを垣間見たシーン

個人的にこの試合で1番ホークスの強さを垣間見たシーンが9回表二死から丸にヒットを打たれた後のところ。
まだ4点差あり全然慌てる状況ではありませんが、内野が集まって間をとっていました。
いくら修羅場をくぐり抜けてきた森とはいえ、ノーヒットでの投手リレーを継続してきたのに最後の最後にヒットを打たれ気落ちしてしまうところです。
そこで万に一つも許さないよう一度全員でひとつ間をとる。
同じ立場であったらはたしてマリーンズは同じことができたでしょうか。
これは強いチームだよなと再認識しました。

このシリーズホークスはジャイアンツにまだ一度もリードを許していません。
ジャイアンツは第4戦は先制点が勝利への鍵でしょう。

ホークスのチームとしての勢いは歴然ですが、ジャイアンツもセリーグ覇者としての意地をみせて欲しいものです。


11月24日(火) ソフトバンク vs. 巨人 日本シリーズ3回戦

巨|000 000 000|0
ソ|002 000 20X|4

勝利投手 ソフトバンク ムーア (1勝0敗0S)
敗戦投手 巨人 サンチェス (0勝1敗0S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です