2020ホープフルステークス予想

3つ目の2歳G1であるホープフルステークスを予想します。

◎3ランドオブリバティ
〇1オーソクレース
▲7マカオンドール
☆10ダノンザキッド

個人的な予想のポイントは以下の通り。

  • コーナー4つのレースの経験があるかどうか。
  • 瞬発力が必要なレースではない。

本命は3ランドオブリバティ
やはり中山2000mのコース経験があることが強み。
しかも芙蓉Sはラスト4Fから11秒台のラップを刻むタイトな流れで、最後の直線は流す余裕があるほどの楽勝。
先行力のある馬なので内枠もいいでしょうし、逃げ馬候補は外、内の2頭はゲートが早くないので楽に内ラチ沿いの2番手をとれるはず。
先行して押し切る横綱相撲を期待します。

対抗は1オーソクレース
新馬戦でコーナー4つの競馬場は経験済み。
父エピファネイア母マリアライトと現役時代は上りのかかるレースを得意にした馬たち。
オーソクレース自体は2戦とも早い上りで勝っていますが、血統的には35秒台の上りにも対応できるはず。
ゲートが悪いことが気になりますが、素質はここでも上位なはず。

3番手は7マカオンドール
前走は京都2歳Sは直線で前が詰まる不利あり。
2000mはこれで4戦目とメンバーの中では一番経験があります。
タフなレースにも相性がいいと予想しますので穴はこれで。

10ダノンザキッドは強さは認めますが、どちらかというと広くて直線の長いレース向きではないかと思います。
勝った2戦はどちらも瞬発力を活かしての勝利。
コーナー4つの競馬場も初めてですし。
中山2000mは相対的にパフォーマンスを落とすのではないかと考え、抑えまで。

単勝③
馬連①-③
ワイド③-⑦
三連複③-①⑦⑩

↓おすすめの競馬本

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA